Dancing in the Rain

Life is not about waiting for the storm to pass but about learning how to dance in the Rain.

(4)内国民待遇ー国内規制

1. 国内規制 Internal Regulations 

GATT第3条4項:輸入品の販売等に関する法律、規制、要件は、国内の同種の産品よりも不利でない (no less favourable) 待遇を与えるものであってはならない。

いずれかの締約国の領域の産品で他の締約国の領域に輸入されるものは、その国内における販売、販売のための提供、購入、輸送、分配又は使用に関するすべての法令及び要件に関し、国内原産の同種の産品に許与される待遇より不利でない待遇を許与される。

 ただし、例外として第20条の一般的例外条項が適用。

2. 要件

①産品に影響を与える国内規制であること

②同種の産品であること:判断基準ー物理的性質、消費者の嗜好、認識、間税分類

  第3条2項第1文よりは広く、第2文よりは狭い

②ー2競合関係にあること

③不利な待遇を与えていること(効果だけでは不足、競争関係に不利な影響を与えることが必要)

 なお、保護要件は不要(ECーシールズ)

3. 主要判例

(1)DS135 ECーアスベスト(2001)

【事実】仏政府はアスベストの製造、使用、輸入を禁止する政令を制定。アスベストをフランスに輸出していたカナダは、当該政令GATT第3条 (NT)、11条 (数量制限) 及びTBT協定 (技術的障害) 違反として主張。

【パネル報告】

  • アスベストに類似する4種の産品と、①性質上の類似性、②最終用途、③消費者の選好及び購買慣行、④関税分類といった観点から比較し、類似性を認定。
  • 第3条4項違反(ただし、第20条(b)で正当化)

 【上級委報告】

  • 前提として、同種の産品と不利な待遇を受けている輸入品は競合関係になければならない
  • 第3条2項については、同種の産品と直接競合・代替品 (DCS) を区別して規定しているため、前者を狭く解するとしたのに対し、同条4項の同種の産品については、そのような区別がないため広く解釈する余地あり。アスベストの発がん性は消費者の選好の観点から差異があり、他の類似品と同種の産品であるとは言えない。
  • カナダは、同種の産品であることの立証責任を負う。

(2)DS400 ECーシールズ(2014)

【事実】ECは、アザラシ製品のEC市場への導入を禁止。ただし、IC規定(先住民族によって狩猟されたアザラシ製品を対象)とMRM規定(海洋資源管理のために捕獲されたアザラシ製品を対象)の例外を設定。

【争点】カナダ/ノルウェー産のアザラシが、グリーンランドと比べて不利となるので、第1条 (最恵国待遇) 、第3条4項及びTBT協定第2条1項違反を主張。EUGATT第20条 (a) (b) により正当化。

【ポイント】

  • 国内産業の保護目的は要件ではない。
  • 第3条は、輸入品に対する競争機会の平等を保護するものであり、「不利でない待遇」とは、異なる扱いをするだけでは不十分。ただし、実際に不利な影響が存在することは不要。措置によるインプリケーションを評価。
  • 措置と競争機会への悪影響(detrimental impact)の間には真正な関係 (genuine relationship) がなければならない。
  • 措置自体の正当性は検討しない(第20条により判断。)。