Dancing in the Rain

Life is not about waiting for the storm to pass but about learning how to dance in the Rain.

MENU

国際法【目次】

https://www.instagram.com/p/BvKkHZxgy1R/

国際法は一通りアップし終えたので、以下、目次を作成しました。

このブログに書いたのは自分のまとめ用です。したがってメモ書き程度だと思ってください。ただ復習用に網羅的にはなっています。

試験前に見直すにはいいかもしれないです。本当は、大学の授業の講義ノートを見て加筆修正していけたらなと思うのですが、ちょっとめんどくさいので後回しになっています。また気が向いたらやります。国際法判例についても、まとめておきたいなと思うものについては書きましたが、こちらの方はもういいかなと思っています。

以下、☆印は自分なりの重要度を示しました。ご参考になれば。

2016年3月現在、ナンバリング調整中

と、書いていたところ、やっぱり判例を充実させていこうかなと思う今日この頃。(2017年1月現在、判例再増量中)

 アクセス数の多いページから優先的に内容を拡充させていこうと思っています。(2017年6月)

全体的に体裁整え中。(2017年11月)

その後、散発的に更新していましたが、もうちょっと国際法学習者ないし全くバックグラウンドのない人に向けた(つまり、読者目線の)記事にできないか考えています。といってもまあそもそもがテキストを自分なりにまとめただけだったので、ユーザー・フレンドリーではないのは致し方ないのですが、実際に国際法を学んできた自分の言葉で何か書けないものかと思っています。

それでも抜本的に見直したりしなくていいのが、法改正や判例変更のあまりない国際法のいいところだと思います。もちろん、宇宙とかサイバーとか最先端の議論はあるものの、根幹となる国際法の基礎の基礎、原理原則みたいなところは変わることはないので、それらを土台にして現在の議論があるんじゃないかと。とはいえ、最初に国際法の記事を書いたのが5年前で、国際情勢は日々目まぐるしく変化していて、その間にいくつかの重要な(特に少なくとも表面上は国際法を軽視するかのような)国家実行があり、ICJの判示があったわけで、国内法と比べて遅々としていますが、それでも国際法はどこかに向かって進んでいるので、何らかのアップデートは必要なんじゃないかと思っています。(2020年1月)

写真はアメリカ・アリゾナ州セドナのカテドラルロック。同名の岩はアメリカ中いくつかありますが、おそらく最も有名なのがここ。実は結構上の方まで登れます。雨でぬかるんでいても滑らない赤石の不思議。

国際法

(1)国際法の主体 ☆☆(諸々の主体性)

(2)国際法の法源 I ☆(条約と慣習法)

(3)国際法の法源 II (法の一般原則と実質的法源)

(4)国際法規の効力と適用関係(強行規範)

(5)国際法と国内法 ☆(一行問題としては)

(6)条約法 I 

(7)条約法 II ☆☆☆(特に留保制度)

(8)条約法 III ☆(条約の無効原因)

(9)国際社会の基本的原則(主権平等と内政不干渉)

(10)国家 I  ☆☆☆(国家成立の要件・国家承認)

(11)国家 II (政府承認と国家承継)

(12)国家管轄権 ☆☆

(13)主権免除

(14)国家領域 I

(15)国家領域 II ☆(領域取得権原)

(16)国家領域 III ☆(領土紛争解決)

(17)海洋法 I ☆☆☆(無害通航権)

(18)海洋法 II 

(19)海洋法 III ☆☆(公海)

(20)国際化地域・空・宇宙

(21)国際環境法

(22)外交・領事関係法 I ☆☆

(23)外交・領事関係法 II ☆☆(特権・免除)

(24)国際法における個人 I ☆☆(国籍・外国人の地位)

(25)国際法における個人 II ☆☆☆(犯罪人引き渡し)

(26)国際刑事法

(27)国際人権法

(28)国際機構 

(29)国家責任法 I

(30)国家責任法 II ☆☆☆(国家責任の成立要件・違法性阻却)

(31)国家責任法 III ☆☆☆(外交的保護)

(32)国際紛争の平和的解決 I

(33)国際紛争の平和的解決 II ☆☆

(34)国際紛争の平和的解決 III ☆☆☆(ICJ)

(35)武力不行使原則の例外 I  ☆☆(集団安全保障)

(36)武力不行使原則の例外 II  ☆☆(集団的自衛権)

(37)武力不行使原則の例外 III ☆(非国家主体に対する自衛権・先制的自衛権)

(38)武力不行使原則の例外 IV

(39)武力紛争法 I

(40)武力紛争法 II

(41)人民の自決権 I ☆(内的自決)

(42)人民の自決権 II

(43)難民の地位

国際経済法(WTO法)

(1)紛争解決手続

(2)譲許表

(3)非関税障壁ー量的制限

(4)内国民待遇ー国内税

(5)内国民待遇ー国内規制

(6)一般例外条項

(7)補助金と相殺関税 I

(8)補助金と相殺関税 II

国際法判例

(1)ノッテボーム事件

(2)ロッカビー事件

(3)核兵器使用の合法性事件

(4)ベルヌ条約事件

(5)パレスチナの壁事件

(6)ニカラグア事件(管轄権・受理可能性)

(7)ニカラグア事件(本案)

(8)訴追か引き渡しかの義務事件

(9)ケベック分離独立事件

(10)在テヘラン米国大使館事件 仮保全命令

(11)在テヘラン米国大使館事件 本案判決

(12)リギタン島・シパダン島に対する主権事件

(13)中国人慰安婦損害賠償請求事件

(14)コルフ海峡事件

(15)核軍備競争の停止及び核軍縮交渉に関する義務事件

(16)ジェノサイド条約に対する留保事件

(17)オイル・プラットフォーム事件

(18)逮捕状事件

(19)核実験事件

(20)ジェノサイド条約適用事件

(21)イラン再制裁事件

(22)カロライン号事件

書こうと思って書けてないもの:北海大陸棚事件、ピノチェト事件、バルセロナ・トラクション事件、ノルウェー漁業事件、尹秀吉事件、捕鯨事件

基本書、判例集、演習本

自分が現役時代に使用していた基本書等はこちらから。

hiro-autmn.hatenablog.com