Dancing in the Rain

Life is not about waiting for the storm to pass but about learning how to dance in the Rain.

【メモ】米国等によるシリア攻撃の法的評価

【事実】

 2018年4月、米国は、英仏と合同で、シリア・アサド政権の化学兵器施設に局所攻撃を実施。ダマスカスのほか、西部ホムス近郊の施設が標的となった。これは、ドゥーマでのシリア政府による化学兵器使用疑惑に対応するものであった(ただし、シリア政府は使用を否定。)。14日、トランプ米大統領は声明を発表し、今回の攻撃の目的は、「化学兵器の製造、拡散、使用に対する強力な抑止を確立する」ことであり、「シリア政府がその使用を止めるまで対応を継続する用意がある」と説明。また、市民の犠牲の危険を最小化するものであり、シリアの化学兵器施設への攻撃は、合法(legitimate)であり、均衡が取れて(proportionate)おり、正当化できる(justified)ものであると表明。

 さらに、「化学兵器は、その残虐性だけでなく、少量ながら広範な惨事を引き起こす可能性があることから、特有の危険性を有して」おり、「その使用のコストは、常にいかなる軍事的・政治的利益よりも上回ること」を理解させるため、今回の攻撃は「必要」であった、と説明した。これに対し、シリア外務省は、「紛れもない国際法国連憲章違反の攻撃を最も強い言葉で非難する」と表明した。また、ロシア、中国及びイランも同様の反論を表明した。他方、独、EU、日本は攻撃の支持を表明した。

 

【問題点】

 米国等のシリアの化学兵器施設に対する攻撃は国際法、特に武力紛争法(jus ad bellum)に違反するか。また、仮に国際法上正当化できる場合、どのような立論が可能か。特に米国は法的根拠を示していないため問題となる(legitimateとは、lawful/legalと区別される。)。

 

【考察】

1 既存の国際法の枠組み

(1)原則:武力による威嚇または武力行使(use of force)の禁止(国連憲章2条4項)→ニカラグア事件判決で強行規範(jus cogens)であることを認定。

(2)例外:

 ①集団的及び個別的自衛権の行使(国連憲章51条)

→シリア政府による米国への攻撃は不存在。

 ②国連安保理に承認(authorization)された攻撃(国連憲章第7章)

→承認なし。(ロシア及び中国の拒否権行使による機能不全plalysis)

 ③領域国の同意(consent)

→同意なし。(シリア政府は、そもそも化学兵器の使用を否定)

(3)結論:国際社会によって認められた既存の枠組みでは合法性を主張することは困難。

 

2 合法化の試み

(1)議論の前提:米国の攻撃を違法と評価することのインプリケーション:

自衛権の要件にも該当せず、また、安保理が機能不全に陥っている状況の中で、人道的観点から、一定の要件の下、必要な武力行使を法的に容認することはできないか(あるいは、するべきではないか。)。また、米国の武力行使は違法であるとする場合、むしろそれは、国際法の不遵守を看過することとならないか。もしそうであれば、何らかの国際法の枠組みに組み込むことが、国際法秩序の維持や国際法の信頼性、法的安定性及び予見可能性の観点から有益ではないか。

(2)あり得べき法的根拠

 ①自衛権概念の拡大:化学兵器のテロリストへの拡散に対する先制的自衛(anticipatory self-defense)

→そもそも先制的自衛権の法的評価が議論が分かれて(controversial)いる。

 ②緊急避難(necessity):違法性は免れないが、責任を阻却する。コソヴォへのNATOによる空爆(「違法」であるが「正当」)。

→ロジックとしては妥当するが、「合法性lawfulness」を認める枠組みとはなっていない。

 ③人道的介入(humanitarian intervention)ないし保護する責任(Responsibility to Protect; R2P)

→概念的には国際法上の評価が分かれて(controversial)いる。特に人道性について誰が評価するのかという主観的要素を含むことから濫用が問題となるが、今回の攻撃には広範な国際社会の支持が存在。ただし、米国自身が人道的介入の概念に反対を表明しているため説得性に欠ける。また、R2Pについては安保理の承認を前提として議論されてきた。

 ④新たな規範の模索:一定の厳格な要件下における人道的介入の合法化(ハロルド・コー)、化学兵器の使用を「人類共通の敵」(hostis humani generis)と評価(チャーリー・ダンラップ)など。