Dancing in the Rain

Life is not about waiting for the storm to pass but about learning how to dance in the Rain.

MENU

【メモ】第二次世界大戦時の日本の強制労働事件 In Re World War II Era Japanese Forced Labor Litigation

第二次世界大戦中の強制労働に対する損害賠償請求事件について、米国判例ですが、ちょっと気になっていたのでまとめました。米国の外交関係法(foreign relations law)の授業において、連邦政府の外交権限と州法の関係を扱った際に取り上げられていたもので…

モノローグの可能性 話したいけど話せないこと、伝えたいけど伝えられないこと

昨日の午後たまたま時間が空いていたので珍しく大学の Me Too Monolougeというイベントに行ってきました。 モノローグ(monologue)というのは、日本語だと「独白」と直訳されるようですが、最近では、カタカナでそのままモノローグと呼称される場合も多いん…

(7)補助金と相殺関税 II SCM協定【国際経済法】

国際経済法(WTO法)シリーズ第7弾、補助金と相殺関税についてその2です。前回の記事に対して各論といったところでしょうか。文量の問題もあって補助金の該当要件とそれに関する判例については踏み込んでいません。写真はアメリカ・テキサス州のダラスから…

(6)補助金と相殺関税 I GATT第6条3項とSCM協定【国際経済法】

国際経済法(WTO法)シリーズ第6弾、補助金と相殺関税についてです。わかりやすくするため2回に分けることにしました(2回で収まれば良いですが。)。写真は、アメリカ・ニューヨークのタイムズ・スクエア付近。雨の日は雨の日でまた違った味わい。 概論 …

【アメリカ/ニューヨーク】コニー・アイランドの憂鬱 Coney Islandic Melancholy

コニー・アイランドという地名が、なんとなく頭の片隅に残っていたのは、すぐ最近見た映画のちょっとした場面に登場したからだった。 ニューヨークが舞台の物語。親友に裏切られ、おまけに母親ともなんだかうまくいかない思春期の娘。亡くなった祖母だけが心…

(5)一般的例外条項 GATT第20条【国際経済法】

国際経済法(WTO法)その5、GATT 第20条の一般例外条項についてまとめました。第21条の安全保障例外については別にまとめようと思います。写真は、アメリカ・テキサス州のサン・アントニオから。個人的には前評判に及ばずという感じですが、水路沿いの…

【国際法判例】カロライン号事件 The Caroline Incident

※厳密には国際法判例ではなく、米英国間の書簡のやり取りですが、便宜上国際法判例に分類します。 事実と経過 自衛権行使の具体的要件 先例的価値 関連記事 事実と経過 1812年の米英戦争後、両国間の関係が悪化する中、カナダ北部(現在のオンタリオ)で…

Dancing in the Rainとは 雨の中で踊ることについて

せっかくはてなブログをProにしたので気合を入れて書いていこうと思っているのですが、過去の記事の編集ばかりに勤しんでいて(これはこれで楽しい)今はわりと時間があるにも関わらず新しい記事をなかなか書けないなと思っています。 これまで国際法とか判…

【メモ】米国のイラン軍司令官殺害の合法性(国際法上の自衛権)

トランプ米大統領のソレイマニ・イラン軍司令官殺害について主に国際法の観点からざっくりまとめてみました。写真は、アメリカ・ニューヨークのセントラル・パーク。こういう日常に潜むちょっとした光と影を発見するとなんだかワクワクしますね。 ※2020…

米国大統領の軍事力行使権限

米国の国外における軍事行動の合法性について米国内法(特に合衆国憲法との関係)の観点から考えてみたいと思います。写真はアメリカのとある大学にあるチャペルです。知ってる人は、知っている、知らない人は、覚えてね(多分このネタは関西人しか通じない…