Dancing in the Rain

Life is not about waiting for the storm to pass but about learning how to dance in the Rain.

ジェノサイド条約適用事件

ボスニア・ヘルツェゴビナ vs セルビア・モンテネグロ 国際司法裁判所

判決 2007年2月26日

<事実と経過>

 冷戦終結後、ユーゴスラビア社会主義共和国連邦の構成国が独立を宣言。ユーゴ解体の流れを契機として、ボスニア・ヘルツェゴビナは1991年10月に独立を宣言。これに対し、地域人口の一部を占めるセルビアは独立に反対し、1992年4月7日には、ボスニア・ヘルツェゴビナ領域内のセルビア人が「スルプニカ共和国」を樹立。これを契機にセルビアボスニア・ヘルツェゴビナ間で武力衝突が発生。こうした旧ユーゴの解体に伴い、民族・宗教間での対立が激化し、内戦へと発展し、多くの犠牲を出した。

 1993年3月20日、ボスニア・ヘルツェゴビナは、「集団殺害の罪の防止及び処罰に関する条約」ジェノサイド条約(以下、条約)9条を根拠として、セルビアモンテネグロ共和国が樹立したユーゴスラビア連邦共和国(後に、セルビア・モンテネグロに改称。以下、セルビアが、ジェノサイド条約、国際人道法、国連憲章国際慣習法等に違反して集団殺害、武力行使、主権侵害、内政干渉等を犯したとして国際司法裁判所(ICJ)に提訴し、セルビアの国際違法行為の確認と損害賠償を求めた。

<判旨>

1 ジェノサイドの存在

 条約1条は、締約国にジェノサイドを防止し、処罰する義務を定めるが、条約は、締約国にジェノサイドを実行しないことも義務付けていると解釈。

 条約2条によると、ジェノサイドとは、①「国民的、民族的、人種的又は宗教的集団」の、②「全部又は一部に対し、その集団自体を破壊する意図」を持って、③集団構成員の殺害等列挙された行為をすること意味する。

 スルプニカ共和国軍によるスレブレニツァの虐殺(1995年7月、約7000人のムスリムが殺害)については、旧ユーゴ国際刑事裁判所ICTY)がジェノサイドを認定した。裁判所は同認定を踏襲し、虐殺がジェノサイドであったと認定する。

2 集団の行為の国家への帰属

 スルプニカ共和国のジェノサイド行為が、セルビアに帰属すると認定できれば、セルビアの国家責任を追及可能。

(1)国際慣習法及び国家責任条文4条に照らして、スルプニカ共和国がセルビア国内法上の機関であったとは認定できない。

(2)ニカラグア事件判決で判示したように、国内法上の機関でなくても、人又は集団が国内法上の国の機関の地位を持たない場合でも、事実上、国に「完全に従属」する場合には、当該集団の行為は国に帰属する。しかし、スルプニカ共和国は、セルビアから支援は受けていたものの、虐殺時には限定的であるが独立性はあったのであり、「完全に従属」していたとは言えず、事実上の国の機関とは認定でいない。

(3)国際慣習法である国家責任条文8条によれば、人又は集団が国の機関の地位を持たない場合でも、違法行為が国の指示又は指揮もしくは支配の下で行われたならば、当該集団の行為は国に帰属する。同条は、ニカラグア事件判決で判示した基準に照らして解釈され、「実効的支配」が証明されなければならない。違法行為が国家に帰属するためには、違法行為を行った人又は集団によりとられた行動全般に対してではなく、違法と主張される個々の行為に対して国の「実効的支配」が行使された又は指示があったことが示されなければならない。

 これに対し、ボスニアは、ICTY上訴裁判部のタジッチ事件判決(1999年)が判示した「全般的支配」の基準の採用を主張した。これは、集団殺害は多くの特定行為が異なる時と場所でなされることにより構成されるという特殊な性格を有することから、個々の行為に対して「実効的支配」が存在する必要なく、作戦全体に対して「全般的支配」が存在すれば十分であるというものである。

 しかし、「全般的支配」の基準は、武力紛争の国際性の基準としては適切であるが、国家責任の基準としては説得力を欠く。国際違法行為の性格によりこれを国に帰属させる規則は変わるものではなく、「全般的支配」の基準は行為と国家の間に存在すべき結びつきをほとんど断ち切るという欠陥を有することから採用できない。

 スレブレニツィアの虐殺はセルビアの関与の下に行われたが、それは実効的支配に該当するものではなかった。

(4)以上から、スルプニカ共和国のジェノサイドはセルビアに帰属しない。

3 ジェノサイドを防止する義務

(1)ジェノサイドを防止する義務は行為の義務であり、「相当の注意」義務を果たしたか否かにより国家の責任の有無が決定する。この防止義務の履行は、ジェノサイドの行為者に対する影響力等によって評価される。また、防止の手段がジェノサイドの防止に十分であったか否かは無関係である。この義務は、国家がジェノサイドの危険を知っていたか、通常知るべきであったことが必要である。

(2)セルビアは、スルプニカ共和国と強固な関係にあり「影響力」を行使できる立場にあったこと、当時の状況からスレブレニツァが占領された時点でジェノサイドが行われる危険を了知していなかったとは考えられないこと等から、セルビアはジェノサイドを防止するために措置をとらなかったことにより防止義務に違反した。

4 義務違反に対する賠償

 セルビアの防止義務違反とスレブレニツァのジェノサイドの間に因果関係はなく、防止義務を履行すれば虐殺を回避され得たとは証明されなかった。故に金銭賠償ではなく、満足(サティスファクション)が適切である。判決主文において、セルビアが防止義務を履行しなかったとの宣言がサティスファクションを構成する。

 

 

hiro-autmn.hatenablog.com

 

hiro-autmn.hatenablog.com

 

 

核実験事件

オーストラリア VS 仏(及びニュージーランド VS 仏) 国際司法裁判所

保全措置命令 1973年6月22日
判決      1974年12月20日

 <事実と経過>  

 仏は、1966年から南太平洋ポリネシア領で核実験を累次にわたり実施。これに対し、豪・ニュージーランドなどの南太平洋諸国は抗議。これを背景に両国では非核綱領を掲げる労働党政権が誕生。1973年1月3日、豪は、大気圏核実験が法的規範に反するという内容の抗議文書を仏に送付。

 同年5月9日には、ICJ規程第36条1項と第37条、1928年国際紛争平和的処理に関する一般議定書17条、代替的にICJ規程36条2項を根拠に、以下を求めて仏をICJに提訴。同時に、核実験の停止を求める仮保全措置も要請。

(1)南太平洋における大気圏核実験の実施は、適用される国際法の諸規則に違反すると判決し、宣言すること。
(2)仏がこれ以上そのような核実験を行わないよう命令すること。

 仏は、5月16日の書簡において、1928年議定書の効力は消滅したこと及び「国防」に関する事項は管轄権受託宣言から除外されていることを主張し、管轄権を否定した。(その後、訴訟プロセスには参加せず)

<命令要旨>

(1)仮保全措置を指示するには、原告が主張する権利が、一応(prima facie)裁判所の管轄権内にあることが必要。
(2)原告は、①大気圏核実験からの自由の侵害、②放射性降下物が堆積及び飛散することによる領域主権侵害と自国内の行為を独自に決定する権利の侵害、③公海自由の権利の侵害を主張。
(3)②については、大気圏核実験に起因する放射性物質の堆積が損害を生じさせ、回復不能であることが立証されうる可能性があることを指摘すれば十分である。
(4)従って、裁判所は仏に対し、放射性下降物の堆積をもたらす核実験を避止すべきであることを命ずる(8対6)

<判決要旨>

(1)裁判所は、「司法機能の行使に対する固有の限界」(北部カメルーン事件)を遵守するために必要な行動をとる固有の管轄権が存在。管轄権及び受理可能性に優先して、本質的に先決的な問題である「紛争の存在」について検討する。
(2)紛争の存在をに認定するにあたり、まずは請求の真の趣旨及び目的を明らかにしなければならない。請求の全体、原告の議論、外交文書、公的声明等から総合的に検討すれば、それは、裁判所による宣言的判決ではなく、南太平洋で仏が行なっていた大気圏核実験の終了である。
(3)裁判所は、被告の行動に関するあらゆる展開を考慮する。仏大統領の記者会見や国防大臣のインタビューから、仏は1974年の一連の実験が終われば大気圏核実験の実施を止めるという意図を公に示したと判断する。

(4)一方的行為としてなされた法的・事実的状況に関する宣言が法的義務を創設する効果を持つことは認められる。この種の約束は、公になされ拘束される意図を有すれば他国の受諾や反応がなくとも拘束的となる。なお、国家の自由を制限する声明の場合は厳格な解釈が要求される。創設される法的義務の基本的原則は信義誠実の原則であり、関係利害国が一方的宣言を了知し、それを信頼するならば当該義務の履行を要求する権利を有する。仏の一方的宣言は、公にそして対世的になされたものであり、法的拘束力を有する約束を構成すると結論する。
(4)当事国間の紛争の存在は、裁判所が司法機能を行使するための第一義的な条件。核実験を終了するとした仏の一方的宣言は本件紛争を消滅させた。裁判所は、原告の請求は目的を失い、それに対する判決を下す必要はないと結論する。(9対6)

<論点>

(1)仮保全措置命令において、潜在的危険と損害可能性のみで権利保全を認めたことから、危険責任主義予防原則等の国際環境法に発展を示唆。
(2)豪は、部分的核実験禁止条約の大気圏核実験禁止規定の慣習法化を主張するも多数意見は検討せず。

(3)国家の一方的行為の法的拘束力を認めた先例として著名。 

<参考>

 国際法判例百選第2版 (別冊ジュリスト) [ 小寺彰 ]

国際法の学習資源

大学時代約2年ほど国際法を勉強した時の学習資源をまとめておきます。とりあえずザーッと書いたので折を見て全体的に補充します。

 

1 基本書

 (1)基本国際法第2版(杉原高嶺):内容としては網羅的かつよくまとまっているので、復習用にざっと読むのに最適。通読するには初学者にはとっつきにくい。本ブログの記事はこの本をベースにしてまとめたもの。

基本国際法第2版 [ 杉原高嶺 ]

価格:2,268円
(2017/8/15 01:48時点)
感想(0件)

 

(2)国際法第5版有斐閣Sシリーズ(松井芳郎他):非常にコンパクトにまとまっていて導入に最適。そしてハンディ。なんだかんだ一番お世話になったかもしれない一冊。

国際法第5版 (有斐閣Sシリーズ) [ 松井芳郎 ]

価格:2,160円
(2017/8/15 01:52時点)
感想(1件)

 

(3)国際法(酒井他):高度で専門的。最先端の議論をフォロー。分厚い。お値段もそれなり。よっぽど好きならいいのかなと思いつつ、図書館で読むくらいだった。持ってたらかっこいい。

国際法 [ 酒井啓亘 ]

価格:6,264円
(2017/8/15 01:58時点)
感想(0件)

 

(4)国際法(浅田他):恩師の著書。編書ということもあり各章でムラがある印象だが、基本的にはわかりやすく解説されていてトピックごとにはよく参照していました。章末問題がついているので頭の体操にもなる。いつの間にか第3版。

国際法第3版 [ 浅田正彦 ]

価格:3,132円
(2017/8/15 02:00時点)
感想(0件)

 

(5)国際法第3版(有斐閣アルマ):初学だとコレを勧められるのでしょうか。読んだことないのでわからないですが、やっぱりちょっと浅いので、上記のSシリーズの方をオススメします。

国際法第3版 (有斐閣アルマ) [ 中谷和弘 ]

価格:2,268円
(2017/8/15 02:03時点)
感想(0件)

 

2 演習用

(1)プラクティス国際法(柳原他):ズバリ演習用の教材。他の法律科目と違って演習本が少ない国際法において貴重な一冊。学部の試験はこれでイメージ得つつ対策。

プラクティス国際法講義 〈第3版〉 [ 柳原 正治 ]

価格:4,104円
(2017/8/15 02:10時点)
感想(0件)

(2)プラクティス国際法(香西他):上記1と同名の著作なるも関係性は不明。現在は絶版。中古では存在。旧外交官試験や公務員試験の過去問を題材にしており、その手の試験対策においては最良の書。

【中古】 プラクティス国際法 /香西茂(著者),竹本正幸(著者),坂元茂樹(著者) 【中古】afb

価格:108円
(2017/8/15 02:14時点)
感想(0件)

 

3 判例

(1)国際法判例百選:言わずとしれた「百選」。ただし、後述する観点からあまり使用せず。

 

国際法判例百選第2版 (別冊ジュリスト) [ 小寺彰 ]

価格:2,674円
(2017/8/15 02:18時点)
感想(1件) 

 

(2)判例国際法:事件ごとに含まれる国際法上の論点をそれぞれ解説。こちらは事件ベースの記載であり、百選は論点ベース。国際法判例は、基本的に一つの案件に様々なイシューが含まれており、それを複合的に解釈する必要がある以上、こちらの判例集のまとめ方の方が良い。

【中古】 判例国際法 /松井芳郎【編集代表】,山手治之,香西茂,田中則夫,薬師寺公夫,坂元茂樹【編集委員】 【中古】afb

価格:1,900円
(2017/8/15 02:21時点)
感想(0件)

 

(3)国際法基本判例50:コンパクト。事件ベース。浅く広く学べる。

国際法基本判例50第2版 [ 杉原高嶺 ]

価格:2,376円
(2017/8/15 02:27時点)
感想(0件)

 

4 条約集

 下記二択のように思います。

 (1)ベーシック条約集

ベーシック条約集(2017年版) [ 薬師寺公夫 ]

価格:2,808円
(2017/8/17 23:19時点)
感想(0件)

(2)コンサイス条約集

コンサイス条約集第2版 [ 位田隆一 ]

価格:1,620円
(2017/8/17 23:19時点)
感想(0件)

逮捕状事件

コンゴ民 vs ベルギー 国際司法裁判所 判決 2002年2月14日

<事実と経過>

 2000年4月11日、ベルギーは、1990年代に人種間憎悪を扇動したこと等が国際人道法に違反する罪であるとして、普遍的管轄権を定める国内法の規定を根拠に、現職のコンゴ民の外務大臣に対して逮捕状を発出。また、ベルギーは同逮捕状を同外相に送付すると同時に、インターポールを通じて世界各国に送付した。

 同年10月17日、コンゴ民当局は逮捕状を受領した後、この撤回を求めて、ベルギーを相手方当事者としてICJに提訴。提訴時、コンゴ民は①ベルギー国内法の定める普遍的管轄権の行使の国際法上の合法性、②現現職の外務大臣の免除の否定の合法性につき争った。(その後、逮捕状の発出及び各国の送付が慣習国際法外務大臣が享有する免除に違反したかどうかに絞られる)

 これに対し、ベルギーは、提訴後に同外相が外務大臣の職を離れたことから、法的紛争はなく、また、目的も失われた等の理由により管轄権及び受理可能性を争ったが、裁判所は、管轄権は提訴時を基準とするとして抗弁を否定し、管轄権及び受理可能性を認め本案審理へと進んだ。

<判決要旨>

(1)論点整理

 コンゴ民の最終弁論において、ベルギー法の規定する普遍的管轄については主張しなかったため、ベルギーは逮捕状を発出した本件について国際法上の管轄権を有すると仮定する。したがって裁判所は、ベルギーの逮捕状発出が外国の現職の外務大臣の免除に違反したかどうかについて判断する。

(2)慣習国際法上の現職外務大臣の享有する免除

 コンゴ民は、現職の外務大臣は在任中の全ての行為について絶対的な免除を享有すると主張したのに対し、ベルギーは、公的機能の遂行にあたって行われた行為についてのみ免除を享有すると主張した。

 ウィーン外交関係条約、領事関係条約には外務大臣の免除については規定されていないため、その根拠は国際慣習法に求められる。慣習国際法上、外務大臣の免除は、国家を代表する機能の効率的な遂行のために付与される。外務大臣は、当該政府の外交活動に責任を有し、外交交渉や政府間会合において代表を務め、その行為は当該国家を拘束することから、国家元首や政府代表と同様に、国際法上、当該国家を代表することを認められる。

 したがって、その機能に照らせば、外務大臣はその在任中、外国において刑事管轄権からの完全な免除及び不可侵を享有する。外務大臣は任務の遂行のため、いかなる他国の権限行使からも保護され、「公的」行為と「私的」行為の区別はできない。

(3)戦争犯罪や人道に対する罪に対する例外

 ベルギーは、ピノチェト事件等を根拠に、国際法上の重大な犯罪については免除の例外とされる可能性がある旨主張したのに対し、コンゴ民は、現在の国際法上、国家元首等の刑事裁判権からの絶対的免除に対する例外が認められるとの根拠は存在しない、また、国際刑事裁判所設立規定(ローマ規定)は、絶対的免除の例外を定めるが、これは国際法廷にのみ適用されるものであり、国内刑事裁判権について援用することはできない旨主張。

 裁判所は、慣習国際法上、現職の外務大臣の絶対的免除及び不可侵の原則について戦争犯罪や人道に対する罪に対する例外が認められると結論づけることはできない。

 なお、外務大臣の免除は、不処罰を意味するのではない。免除は手続的であるが、刑事責任は実体法の問題であり、裁判権からの免除は当該個人の刑事責任から解放するものではない。したがって、自国による刑事裁判権の行使や免除の放棄等があった場合には訴追を妨げない。

(4)結論

 逮捕状の発出自体がコンゴ民の外務大臣の免除の侵害に当たる。逮捕状の性格及び目的に照らし、逮捕状の国際的な送付は、外交活動を著しく妨げたか否かに関わらず、免除の侵害に当たる。

 ベルギーの国家責任を認定することは、一種に「サティスファクション」を構成するが、補償は違法行為の全ての結果を可能な限り消去し、当該行為がなされなかった場合に存在したであろう状態に回復しなければならない(ボルジョウ工場事件判決)ことに鑑みれば、その違法性を認定するのみならず、ベルギーは逮捕状を撤回し、送付先当局に対しその旨通報しなければならない。

<参考>

 国際法判例百選第2版 (別冊ジュリスト) [ 小寺彰 ]

 

 

hiro-autmn.hatenablog.com

 

(35)国際安全保障③

IV 自衛権

国連憲章における自衛権の地位

(1)武力不行使原則と自衛権の関係:国連憲章51条が規定。
  国連憲章2条4項の定める例外としての位置付け:ただし、その対象となる「武力攻撃」は2条4項の「武力による威嚇または武力の行使」よりも狭く限定。
 ニカラグア事件:武力行使の形態を2分類。自衛権発動の要件となる「武力攻撃」は「最も重大な形態(the most grave forms)」の武力の行使を指し、「その他のより重大でない形態(other less grave forms)」の武力の行使(武器供与、兵站の支援等)に対しては、「均衡のとれた対抗措置(proportinate counter-measures)」に訴えることができるのみ。

【参考】国連憲章2条4項
 すべての加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土 保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によ るものも慎まなければならない。
【参考】国連憲章51条
 この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃(an armed attack)が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利(the inherent right of indiviual or collective self-defence)を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国が措置は、直ちに安全保障理事会 に報告しなければならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持又 は回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。

(2)伝統的自衛権の概念
  自己保存権として理解:20世紀には包括的な保存権は他国の権利侵害の口実になるとして次第に否定。
  カロライン事件(1873年):「自衛の必要性が急迫しており、圧倒的で手段の選択の余地がなく、熟慮の余裕がない場合(a necessity of self-defense, instant, overwhelming, leaving no choice of means and no moment for deliberation)」であってさらに「不合理ないし過剰なものでないこと(unreasonable or excessive)」(ウェブスター・フォーミュラ
 伝統的自衛権は、外国の私人や私人グループによる領域侵害等も対象とし、武力攻撃も要するものではない。 cf.不戦条約・国連憲章51条は狭く限定的な自衛権

(3)先制自衛 anticipatory self-defense: 武力攻撃が急迫(imminent)しているが、発生していない状況における自衛権の発動は認められるか。
 2002年のブッシュ政権時の米政府の「国家安全保障戦略」の声明はこれを肯定。→2016年オバマ政権でも可能性を排除せず。
 憲章制定時には想定外であった核・ミサイル攻撃が現実味を帯びることで自衛権問題の核心的論点となる。 
 伝統的な国際法では脅威が急迫している場合には許容される(アナン事務総長の諮問機関・2004)
 「武力攻撃」の中に「武力攻撃の急迫した脅威」をも読み込む=自衛の名における「先制襲撃」の合法化につながる危険。
 なお、ICJは、ニカラグア事件において、「武力攻撃の急迫の脅威への対応の合法性も問題」については、見解を示さないとし、コンゴ領域武力行動事件でも同様の立場。

【参考】2002年9月の「国家安全保障戦略
 テロリストが米国民と米国に対して危害を与えることを防止するため、必要な場合には、単独で行動し、先制的に行動することにより、自衛権を行使することを躊躇することはない。
 国際法は数世紀にわたり、国家が攻撃の急迫した危険を示す実力から自国を守るための行動を正当に取ることができるようになる前も攻撃を甘受する必要はないことを認めている。
 米国は、発生する脅威の機先を制するためにあらゆる場合において実力を行使することとなるのではなく、また、諸国は、先制を侵略のための口実として用いるべきではない。

集団的自衛権

(1)制度化の経緯:サンフランシスコ講和会議で第51条が追加採択。   
 会議直前、米州諸国はチャプルテペック協定において共同防衛措置を規定。 背景には拒否権による集団安保体制の機能不全を懸念があった。
 憲章はこの矛盾を解消すべく、「必要な措置を取るまでの間」、「武力攻撃」の発生を前提条件に自衛権を認める

(2)法的性質
  ①共同防衛説(バウエット):複数の国が同時に攻撃を受けた場合に、それらの国が共同して対処する権利=個別的自衛権の共同行使
  ②限定共同防衛説ラウターパクト):被攻撃国と政治的・経済的緊密性ゆえに、その国への攻撃が自国の安全にとって不可分な関係にある特定の諸国が取りうる権利
  ③任意的共同防衛説(シャクター):国家関係を限定せずにすべての加盟国に認められるもので、任意に行使できる
  ②は権利の濫用を抑制する効果を持つが対象国の範囲が不明確 NATO条約等あらかじめこの範囲を限定することも考えられるが、これは旧い同盟体制を事実上忍び込ませることになる
  ③は武力攻撃は全ての国に対する義務違反を構成し、いかなる国にも武力行使の法的基礎を与えるとするが、自衛の概念を超える=他国防衛説

(3)行使要件
  ①武力攻撃の発生、②必要性・緊急性、③均衡性に加えて、④被攻撃国による攻撃事実の「宣言」⑤非攻撃国からの支援の「要請」(ニカラグア事件オイル・プラットフォーム事件で再確認)
 「宣言」は他国による一方的な武力攻撃発生の認定を防ぎ、「要請」は権利行使の有資格者の範囲を大幅に限定。

3非国家主体と自衛権

 テロリスト等非国家主体による侵害行為に対し、通常の場合は関係国が国内的に対処するか、関係条約により処理。しかし、大規模なテロ等の場合、国家はどのように対処しうるか。
 9.11米国同時多発テロのケース:
  安保理決議1368は、「国際の平和と安全に対する脅威」を認定。
  安保理決議1373は、国連憲章第7章の措置として資金提供や支援供与の禁止を決定。
 両決議はともに自衛権に言及するものの前文において一般的に確認するものであり、権利として承認したものではなかった cf.湾岸戦争時は「武力攻撃」を認定
 アメリカはテロ攻撃がアフガニスタンアルカイダによるものと断定し、イギリスとともに個別的・集団的自衛権を援用しつつ軍事行動を展開、その後、国連憲章51条に従い、国連事務総長に報告。NATOも米国へのテロ攻撃が全加盟国への武力攻撃の対象となったとみなす北大西洋条約第5条の適用を認める。
  ICJはパレスチナの壁事件勧告的意見において、憲章51条は「国家による他国への武力攻撃」を前提とした。これによると私的テロ組織の攻撃はそれが大規模なものであっても「武力攻撃」に該当しない。
 ただし、事後の慣行に基づく条約解釈の確立(条約法31条3(b))

【参考】安保理決議1368(2001年9月12日)
 Recognizing the inherent right of individual or collective self-defense in accordance with the Charter….
1. Unequivocally condemns in the strongest terms the horrifying terrorist attacks which took place on 11 September 2011 in New York, Washington and Pennsylvania and regards such acts, like any act of international terrorism, as a threat to international peace and security.

 

hiro-autmn.hatenablog.com

 

 

hiro-autmn.hatenablog.com

 

 

hiro-autmn.hatenablog.com

 

 

hiro-autmn.hatenablog.com